読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エアライフルでの有害鳥獣駆除

何ができる?どこまでできる?

クリーニングペレット

猟期前の射撃場の事を書く前にエアタンク、追加ペレット、クリーニングペレットが戻って来てしまいました^^;

仕事速いです腕より道具のお店( ̄^ ̄)ゞ


なので先にクリーニングペレットの汚れっぷりを赤裸々に晒しておきます(´∀`*)


とりあえず汚れが付かなくなるまでになかなかの数かかりました

f:id:enjoyAR:20161208135618j:plain

購入から270発程ノーメンテで頑張らせてしまいました、、

最後の猟ではだいぶ弾道も荒れてましたので

若干あるらしいライフリングが効かなくなって直進安定性が悪くなったのかな?とも思います。


これから取得される方はクリーニングペレットも同時に用意しておくと幸せかもしれません。


逆わらしべ

タンクも郵送してしまったので本日は残りのエアーで最後の一回り

マガジン2つくらいなら楽に行けそうでした。


日の出前に起きるも外は10m先位がやっと見える程の濃霧、、

めげずに数日前に教えてもらった青首実績の池へノロノロ運転します( ̄^ ̄)ゞ


うん、、池は更に霧が酷い、、


とりあえず様子見の為路肩に止めて偵察


池に近付くもアスファルトにスパイク長靴はまずかった^^;

真っ白な池のそこかしこから羽ばたいて行く音が聞こえましたorz


初青首は楽しみにとっておきました♪( ´θ`)ノ


次も教えてもらった滑らない池に!

何でもここに朝行けば激熱だそうな


到着!湖面すがすがしい位綺麗!笑

師匠、、

霧でびしょびしょの中、弟子は頑張りました( ̄^ ̄)ゞ


まぁ人間こうなったらいつものコースですよね、、( ;  ; )


いつもの池に到着するもマッタク見えません

50m、、寄れるんじゃ!?との思いも虚しく

何も見えません笑

40...


30...


!何か動いた!


二桁のヒドリさん達まったくこちらが見えてない模様


鴨チャン1

命中!あたりが浅いのかもがいてるも周りがまったく動かないので次々狙っていきます

鴨チャン2

X

30mの感覚が思い出せない、、

鴨チャン3.4

X

この辺りからやっと半数飛ぶ、半数池の奥へ移動開始

鴨チャン5.6.7

グダグダのまま終了、、

一缶開けてノーメンテナンスのせいか伏射なのに集弾がバラついております


まぁ初っ端は良かったし回収して帰ろう、、、

帰、、

ヒドリさん??


最初に当てたヒドリさん、、消えてました


今日の教訓

止めさしは確実に( ;  ; )


ヒドリさん探し回ってる時にさくじつの半矢で逃したヌーさんを発見、回収しました

有害鳥獣とはいえもっと腕を上げないといけないと感じた瞬間でした。














エアタンク充填

エアタンク、、、


猟期前から練習に勤しんだせいか充填中の親ゲージが220bar?位になってきました。

最重量弾をもうすぐ一缶300消費なので合わせてタンクの充填をお願いしておきます。


近場のダイビングショップに連絡を入れるも300気圧対応はここらにゃ無いし最近お国も五月蝿いからタンクの証明書が何とかかんとか、、、


購入店までの陸送に相成りました( ;  ; )

今週は休猟になりそうなので猟期前のFXボブキャットのゼロイン合わせの事などでも書いていこうと思います。


何かの参考になればと思います。




ヌートリア待ち伏

今日は前日落とせなかったヌーさんの出待ちしてみました。


ヌーさんは朝夕が活動時間との下調べをするも痛恨の寝坊、、

仕方なく真昼間からの張り込みに相成りました。


まずはいつものヒドリさんとの対決を終わらせます。

もう警戒MAXのあちらさん、、70mまでに9割が飛び残り2羽^^;


伏射するも頭の上を越えさようなら


しかし今日はここからが本番!

待ち猟用に準備したライラクスのゼロインマット初参加させます。


ヌーさんの巣穴2つが対岸60mに見える絶好のポイントでキャンプ


後はヌーさんの出待ちするのみです


鴨の戻りもあるかもと思いながら常時伏せの態勢で待つ、、待つ、、、待つ、、、、


1時間ほど待つも蟻とハエの来襲のみ( ;  ; )


飲んだり

食べたり

一服したり

ソシャゲしたり笑


スナイパーな気分がキャンパーな気分に変わっていきました^^;

これはイカンと対岸にたまに飛来するカラスを狙ったり(150m)してるうちに弾が残り1マガジンに、、


結局2時間半も池のほとりに寝転んでました笑


帰ろうと気持ちを切り替えた瞬間いきなり目の前に飛来するカルガモ

あまりの近距離(30m)に慌てて撃つも右羽に、、

対岸に泳いで逃げるカルガモを止めるべく猛連射!

ガチャッパーンXガチャッパーンXガチャッパーンXガチャッパーンX

マガジン交換っ



あああぁぁぁアアァァァァァァアァァァァ




弾のご利用は計画的に( ;  ; )








重量弾vs風

本日は初めて風のある中いつもの池へ


いつも通りの流れ

ここも飽きたな、、などと銃猟経験半月の奴が思いながら発砲


外した、、ダト!?

伏射の姿勢が悪かったのか?

逃げないいつものヒドリさんに感謝


気を取り直して構え直し発砲


!?

スンゴイ弾が曲がってる!

70mで20cm位も流されました^^;

微風なら全く風の事を考えないで良かった

JSB 
キングヘビー 6.35mm
33.95グレイン


湖面の枯葉がスイスイ流れるような日には流石に無理でした、、


鴨も飛んでしまいましたが先日の様に戻るかも?

伏射の状態で待つ事15分

対岸のせり出した枝の下に動く物を発見!


カルガモも居た!


ん、、、なんかカルガモにしてはデカイ?

スコープを覗くとそこには物凄いサイズのネズミが、、


スコープごしのヌートリア、、60m先でもデカイです。


しかも泳いでるから当たらない^^;

4チャンス無駄にした所で巣穴らしき場所に到着

巣に入る前脚付近に当てるもグエグエ鳴きながら巣穴へ

30分ほど待つも動きなし( ;  ; )

後日再勝負です。







鴨の回収

「腕より道具」

私がエアライフルを購入したお店のステッカーです笑


その言葉通りうちの子も50mから80mあたりまで接近出来ると着弾が首〜頭のラインでほぼまとまるようです。

困ったのが回収スキルがまったく無い状態で遠射で落とせてしまう事、、


30mヒドリガモを無風で回収できなかった為に急遽鴨キャッチャーを作ってみました。

ヒドリさんすいません、、

f:id:enjoyAR:20161125113654j:plain

翌日いつもの池でいつもの流れ

いつものヒドリガモ発見

いつも通り発見される

いつもの距離50-80

命中後鴨キャッチャー始動



まったくボラかけが引っかからない^^;

重りと浮きに使用したスーパーボールが中通しの為ボラかけが湖底まで沈む、、、

更にスーパーボールの浮力があまり無い為ボラかけの重さでスーパーボールも見えなくなる( ;  ; )


大人しくネットの作り方を真似れば良かったと後悔しながら1時間投げたり待ったりするも鴨は無情にも対岸へ時速10m


鴨キャッチャー(駄作)が届かなくなった時点で敗走しました、、、


本日の教訓

遠射は計画的に



賢い鴨

昨日は久々に出猟するも鴨にまったく近付けず、、

猟期1週間ではやくも鴨が敏感になって来ている気がします。


何とか良い方法はないかと調べてみると


やはり1番は見つからない事

背の高い草を利用して隠れて近付く

池などを攻める時は土手を登ってそっとのぞく


先に見つかった場合は

急な動きをしない事

目を合わさない事

鴨が離れていきそうな時は一回止まって落ち着かせる事


らしいです。

次回の課題です